AHO NO BOYAKI

好き勝手に持論を展開してみたい

Lights of London

どもども、Oh!No!です。

 

今日はちょっとした宣伝です。

 

私の通っている学校のFilm Makingの課題で作ったものをご紹介します。

 


Light of London

 

テーマはロンドンの光。

比較的安全なロンドンは夜も楽しめますよ。

瞳孔開いてロンドンの素敵な夜を過ごそうぜっていう物語です。

 

タイムラプスって撮影するのにとっても時間かかるんですけど、綺麗に撮影できるとこの上なく嬉しいものです。

 

ぜひ、ロンドン行きたくなってください☺︎

ロンドンにいる理由。

 

どもども。こんばんわ。

 

こちらに来て二ヶ月やっと経ったと思ったら、まだギリ二ヶ月経ってなかったことを今日知り、絶望に打ちひしがれているOh!No!ことOh!No!です。

 

まだ4ヶ月強も日本に帰れないと思うと、、、、

寿司うどん蕎麦ラーメン親子丼カレー焼肉チーズタッカルビ等々食べた杉田玄白恋し杉田玄白、、、、、

早く日本に帰りたいものです。

 

 

しかしながら、ロンドンなうロンドンなうって最近Oh!No!うるさくないですか?

ロンドンっぽい写真も貼ってないのにロンドンなうとか胡散臭すぎるぜ。

しかも、めっちゃ日本帰りたがってるし。

 

 

てか、そもそもなんでロンドン来たん?

 

 

今日のテーマは、

そんな疑問をもってしまったあなたに捧げる、「私がロンドンにいる理由。」

 

 

 

■ 留学は就活のためにするものではない

 

留学は就職に有利とか思われがちですよね。

 

特に私のように、周りにあまり海外留学をする人がいないような環境で過ごしている大学に在籍している学生は、なお就活において留学は有利であると思いがちです。

 

しかしそんな考えとても古いですよね。

今の時代、お金さえ払えば海外留学なんて猿でもいけちゃう時代です。猿はさすがに行けないけど。

 

ある大学では留学必須なところもあるくらい、留学ってもはや誰でもするし、してるし、できますよね。

特に語学留学なんて本当に誰でもできちゃいます。

 

 

そのため私は留学って就活に役立つものではないと思ってます。まだ就活してないけれども。

逆に4年生のこの時期に留学に行くとか不利だとも思うくらいです。

 

 

ストレートで卒業できないわけだし、

一つ下の世代は脱ゆとり世代で、同級生より頭良いし、

この時期に留学とか逆に就活に消極的なんじゃないかと、ビクビクしながら生きています。

 

 

「なんで海外留学したの?」

「就活のためです。」

 

これってなんだかすごくダサくないですか。

 

ま、そんなことを面接会場で馬鹿正直に言う人はいないと思いますが、就活のためだけに何百万もかけて留学するってなんだかすごくバカバカしく感じてしまうのは私だけでしょうか?

だったら日本にいて、ボランティア活動したり学外活動した方が、就活のためになりそうなならなそうな。

 

やっぱり留学してました!と言っててかっこいいのは、留学先でやりたいことがある人、何か爪痕も残した人、積極的に何かをしようとしている人、そんなひとたちです。

 

そのため、私は就活で有利になると思ってロンドンに来たわけではないのです。

目的でなければ理由でもないのです。

 

 

 

■ 話を遡ること約10年

 

 

中学生の時、塾に通っていました。

個別指導の塾だったのですが、その時の先生に私はとても懐いていて、信頼とリスペクトを持っていました。

 

その先生が昔留学していたところが、ロンドンでした。

 

ロンドンはとても綺麗な町。

アメリカよりも日本に似ている。

食べ物は美味しくないけど、とても刺激的な町。

 

そーーーんな話を聞いていたこともあって、中学のことから漠然と憧れていた先生の行っていた憧れのロンドンに私も行ってみたい!!!!

と思い、初めて漠然とでしたが留学を意識しました。

 

 

でも中学の時から英語が嫌いだったし、面白いと思ったことも、楽しいと思ったこともなかったです。

 

 

■ 少し進んで2011年の夏

 

そんな私の考えが変わったのは高校一年生の夏。

家族旅行で、フロリダのディズニーランドに行った時のことでした。

 

フロリダのディズニーランドには大きく4種類のパークがあって、その中にエプコットという世界万博のようなテーマパークがあります。

 

エプコットにはもちろん日本をテーマにしたゾーンもあり、まずいアメリカの食事にやられていた私は日本食を求めて日本ゾーンで食事をしました。

そこで働いていたのは、インターンで来ていた日本人のお姉さんでした。

 

そのお姉さんの生き生きと英語を喋って接客している姿にとても感銘を受けたのを今でも鮮明に覚えています。

まさにあのお姉さんは今でも私の憧れであります。

 

日本ではない土地で、日本の文化を伝えるために英語を勉強して、そして現にアメリカで働いている。

若かった私にはとても衝撃的なできごとでした。

 

 

そして私もあのお姉さんのように日本の文化を世界に伝えたい、世界で働きたい!と思い、積極的に英語を勉強するようになりました。

 

 

 

■ それから2年後のゴールデンウィーク

 

高校3年生のゴールデンウィーク

私は初めてロンドンに上陸しました。

 

見るもの全て新鮮でキラキラしていました。

 

だって初めてのヨーロッパだよ!!?!?!??!?

しかもけいおん!ザ・ムービーで見たような景色がそこらじゅうに広がっているし!!!

クロワッサンめちゃ美味しいし!!!!!

 

なんて楽しんだ約一週間でした。

 

本当に映画の中に入ったかのような夢の時間でした。

そして帰る頃には、次はロンドンに住みたいという憧れをいだくようになりました。

 

 

 

■ 結局9割方憧れである

 

私のロンドンに来た理由は主にこの三点からなる憧れがとても大きく影響してます。

一つでもかけていれば私はここに来ることはなかったでしょう。

 

「なんでロンドンに留学してたの?」

「ロンドンに住むのが憧れであり、夢だったからです。」

 

きっと一番にはじめに私はこう言うでしょう。

 

 

夢と憧れ。

 

 

なんてしょうもない動機なんだろうって思われるかもしれないけど、

私にとってこれは就職のためなんて理由より、何百倍も大切な理由なんです。

 

実際のところ、英語とデザインの勉強は二の次です。

ロンドンに住むため口実でしかありません。(なんていったら父に殺されそうですが。)

 

しかしながら、ロンドンに住む口実とはいえ、

ロンドンに住んでいるからにはここでしか経験できないこと、学べないことをたくさん経験して吸収して、

一つでも私の価値観の引き出し、そして感性の引き出しを増やせればば、私の留学は成功したと言えるのではないのでしょうか。

 

 

成功せさるためにできることから一つ一つクリアしていければなと思う次第でございます。

あんまり頑張り過ぎないのがポイントでもあります。。

遠距離恋愛

 

どもども。Oh!No!です。

 

今日はいちいち太字で、いちいちタイトル付けずに

ブログを書いてみようと言う試みをしてみようと思いますこんにちは。

 

 

なんだかよくわからないけど、全然更新していないこのブログですが、

1日平均10人以上の人々に覗きに来ていただいてるようで、なんだかなんだかすみません、といったところです。

まあほとんどの方が、私の文章力のなさに唖然としてブラウザーの戻るボタン、もしくは、タブを閉じるボタンを押していること間違いなしでしょうが。

 

 

さて、ロンドンに来て1ヶ月がたちまして、10月に入ってしまいました。

今年も残すところあと3ヶ月。

 

やばいですよね、3ヶ月。

 

ちなみに私Oh!No!はあと2ヶ月経たないうちにまた一つ歳をとるようです。

 

 

しんどい。

 

 

そんなしんどさを抱えながら生きているOh!No!ですが、実は遠距離恋愛中だったりします。

しんどさ200倍ですね、最早。

 

しかもロンドン旅立つ2ヶ月前とかに付き合っちゃったもんだから、

しんどさ5000倍ですね。何やってるんだろう。

 

まあ、向こうさんもそれを理解した上でお付き合いを申し込んでくれてたようなので、それなりの覚悟があったようなのですが。。。

 

 

付き合う上でそれはそれは検索しました。

 

「遠距離 カップル 続く」

遠距離恋愛 どうよ」

遠距離恋愛 別れる」

 

そしたら、なかなかいろいろな記事や意見が出て来ました。

 

 

現地の人との浮気が原因で別れた人。

頑張って乗り越えた人。

会えない辛さで別れた人。

乗り越えて結婚した人。

お互いに興味がなくなった人。

 

 

などなど。

ざっとみまして、なかなかネガティヴな意見の方が多かった気がします。

 

 

渡英前から、そんなネガティブな記事を読んでそれはそれは不安で不安で仕方なかったですよ。こちとら。

 

でも日本にいる間は、私も向こうさんも会えるときはできるだけ会うようにして、渡英前に愛を深めてました。(文章化すると気持ち悪いですね。)

 

 

正直日本にいるときは、意外とけろっとしてました。

まあ、今の彼氏と付き合ったときどうせすぐ別れると思ってたし、まさか自分もこんなにどっぷりになるなんて付き合った当初は考えていなかったので、

 

 

まあ、合わなかったら別れればいいや。浮気されても仕方ないよね。的なスタンスで望もうと思っていました。

 

 

だけど、出発日が近くにつれ、遠距離恋愛の本質がわかってきました。

 

 

浮気をされるかもしれない!忘れられるかもしれない!

 

という心配よりも

 

会いたくても会えない!

 

というのが遠距離恋愛の本当の辛さなのだと。

 

 

 

そんな簡単なことに気づけなかった私を呪いました。

 

 

 

世の中の遠距離恋愛カップルはどうやってこの困難を乗り越えているんですかね。

 

日本国内の遠距離ならまだしも、海外遠距離カップル、ましてや、国際遠距離カップルなんてもう考えただけで頭が痛いです。

(国際遠距離は国籍も違って住んでいるところも違うカップルのことをさしています。)

 

日本国内なら、こう新幹線も飛行機も頻繁に出ているし、チケットもそんな高くないから割と気軽に会いにいけるのかな〜とか思うんですけど、

 

海外遠距離カップル(アジア圏外は特に)どうしてるんですか!?本当に!?!?

 

航空券もそんなポンと出せるような価格でもないし、

ある程度の期間は必要だし、

時差もあるし、

 

私みたいにたった6ヶ月の遠距離恋愛でもひーひーいってるのに、1年以上、もしくはいつ帰って来るかもわからない人と付き合っている人がいるというだけでリスペクトが止まりません。

 

 

また、私の彼氏さんは私と付き合う前から年明け前の1ヶ月アイルランドに留学することを決めていましたため、

なんとびっくり向こうで会えるじゃん。というなんともラッキーな状況な訳でございす。

 

ちょうど渡英して半分くらいのタイミングでアイルランド、ロンドンデートができるなんて最高かよ。

 

最近の私は、これを心の支えとして生きている節があります。

これから3ヶ月くらいも、これを心の支えとして生きようと思います。

 

 

そんな会える目処も立ってないカップルが世の中にたくさんいると考えると、逆に私がしんどくなる。

 

私たちは割とまだ幸せな方だなと痛感せざるを得ません。

 

はたまた、インターネットという素晴らしい文明が発達していなかった時代に

海外遠距離恋愛を経験して、そして結婚まで至ったカップル。

 

本当に尊敬しかないです。

 

文通でやりとりしていたと考えるだけで胸がときめきます。

ノルタルジックを愛する女なので(ノスタルジック・ライフのすゝめ -

http://aoaokiraxtu1118.hatenablog.com/entry/2017/05/31/225455

)文通と聞いただけで胸がきゅんきゅんするのですが。

 

 

 

 

そんなこんなで、半ば惚気みたいな記事になってしまった感がぬぐえませんが、

人生で一度経験するかしないかの海外遠距離恋愛

 

 

辛さもありますが、この状況を楽しめれば私たちの勝ちなのかな。

と、そのように思っている次第でございます。

 

 

 

まあどのように楽しむのかと聞かれればまだその辺は、ちょっとまだわかってませんが。

 

ゆるーーーーーりと帰国までに探してみようと思いまーーーーーーーす。

 

 

 

 

 

 

 

そんな感じで今日はここまで。

 

次回はAmazon.UKについて語ろうかな。そんな語ることもないんですけど。

それでは!!!!!!!

人種差別について考える

 

どーもども。

 

7月、8月と全く記事を書かずに生きていて、気づけば9月。

その間何をしていたんだと聞かれましたら、8月の最後からOh!No!はなんとびっくりロンドンへ来ていました。

 

これから来年の2月までロンドンでゆるりと暮らしてゆく予定でございます。

 

 

さてさて、ロンドン生活ももうすぐ1ヶ月経とうとしているわけですが、ここに来て初めて人種差別的なことを言われました。

 

私、海外は結構頻繁に行っていて、実は今回も3回の渡英だったりします。

1回目は1週間ほど旅行で、

2回目は1ヶ月ほど超短期留学で、

そして今回は半年ほど留学で来ております。

 

これまでどこの国でも人種差別的なことを、直接言われたことがなかったもので、結構今回とても驚きました。

 

そして、私のおかしな解釈に自分自身驚いてしまいました。

おかしな解釈に結構ショックを受けちゃったんですね。

 

そんなこんなで久々に書きます記事は、ちょっとだけシリアスです。

お付き合いくだされ。

 

 

 

● 私が経験した事

 

今住んでいるお家から学校へはバスを使って通学しています。

二階建てのロンドンでは邪魔だよってくらい走ってるやつですね。

 

今日もそれに乗って学校へ向かってたわけでございます。

 

バスに乗ると二階へ上がって、空いてる席に座るのが定番なのですが、本日は小学生くらいのグループがほぼ二階の席を占領しておりました。

 

まあそれでも一応ポツポツと席は空いていたので、空いてる席に腰掛けて、バスに揺られていました。

 

そしてそのバスの中は、結構話し声がやかましかったのです。まあ小学生くらいのグループがいたので、仕方ないとは思うのですが。

 

 

それが気に障っていたのかなんなのかは知らないのですが、1人の黒人の女の人が引率の先生に向かってなかなかの暴言を吐いていたのです。

 

私はやばいやついるなーと思ってじっと観察していたのですが、

もう子供に向かっても支離滅裂な意味のわからない言葉ばかり言っているし、私ができることと言ったら、もう外の景色を眺めるばかりでしたよ。

 

その小学生のグループは先に降りて行ったのですが、その後も酷い暴言を1人でブツブツ言っていました。

 

そしてその後はブツブツ言っていた事がどんどんとおかしな方向に向かっていきました。

 

「ここはロンドンだ。意味のわからない言語を話している奴らは全員でていけ。くそやろうどもめ。死んでしまえ」

 

ざっと、こんな感じのことをずーっとブツブツ言ってました。

 

 

早く駅つかないかななんて思っていたら、どうやら彼女と私と同じバス停で降りるようで、彼女と私は何人か他の乗客を挟んで、出口へ降りるための列へ並んでいました。

彼女は未だにブツブツとよろしくない言葉を言い続けていました。

そして降りるとき、彼女と私は目が合ってしまいました

次は私が標的となってしまったようです。

 

そしてこんなようなことを言われました。

 

「意味のわからない言語を話すチャイニーズめ、早く消えろ、くそやろう」

 

 

 

まあ、私はチャイニーズじゃないしなとか思いながらシカトしてたら

バス降りようとした時に彼女に体当たりされました。

 

さすがに体当たりはびっくりでした。

 

 

● そんな時私が思ってしまったこと

 

そんな時私はこんなことを思ってしまいました。

 

「確かに私はアジア人だけど、チャイニーズではないぞ、一緒にするな。」

 「そう言ってるお前さんもブラックじゃないか、が先祖代々のロンドン人なんかいな」

 

なんてことを思いました。

 

そんで思った時考えました。

 

 

あれ、これって、人種差別なのか?

 

とね。

 

 

 

そう考えると、結構自分自身にショックを受けました。

 

表に出さないだけで私もレイシストな思考をしていると。

 

 

人種差別は時代遅れでじゃん何言ってんだこいつ。

と数秒前まで思っていたのに、私も人種差別してるじゃん。ってね。

 

 

確かにここはロンドンで、ここでは私はマイノリティー だけど。

ブラックなあなたにそんなこと言われる筋合いはない。

なーんてことを思ってしまってた私。

 

自分が人種差別を受けたことよりも、自分も人種差別をしていたことがとてもショックでした。

 

しらずしらずのうちに人種を分けてしまう、

そんな自分がとっても嫌でした。

 

 

● これからどう乗り越えるべきなんでしょう

 

難しい問題だと思います。

 

なかなか答えなんてでないし。出るわけない。

 

でもずーっと日本にいたら人種差別なんて受けなかったかもしれないし、

このような難しい問題を考える機会をくれた彼女には少し感謝をしています。

 

その彼女に少し感謝することができたことが少し人間として成長できてたのかもと思いつつこれからもこの”人種”という問題と向き合いながらロンドンで生活して行きたいと思います。

 

 

なんだか久々の更新なのに」くらーーーい話になってしまって申し訳ない感がすごいですけれども、

これからロンドンの日常なんかも書いていければなーーーーなーんて思いつつ、

 

ゆるーーりと更新していきたいと思います〜!

✌️

TwitterのUI変更に関して言いたいことが1つだけある

 

6月も20日を超えましたね。

7月はもうすぐそこです。

 

私は実は8月の終わりから半年間ロンドンへ留学しに行く予定なのですが、もうあと2ヶ月くらいで日本としばらくの間お別れになります。

 

最近、友人からは留学準備進んでる〜〜??なんてよく聞かれますが、留学準備って具体的に何をすればいいのかあまりよくわからないものです。

 

 

 

そんな小話は置いておいて、

 

最近TwitterのUIが大きく変わりましたよね。

 

特にアプリ版のデザインが全然違う物になっていて驚いた方も少なくないはず。

 

 

今日はそれに関して少しだけぼやきたいと思います。

 

本当に小さいことですが、少なからず共感してくれる方はいるはず。いてほしい。

 

 

 

 

◾︎ プロフィール画像の変更

 

アップデート前のTwitterプロフィール画像の表示は正方形でした。

 

それが今回のアップデートで丸になったことは有名ですが、

これに関して、とても解せない点が1つだけあるんです。

 

 

 

アイコンの形を変更したTwitter公式の意図はわかりますよ。

 

最近Instagramをはじめとする様々なSNSのアイコン表示か丸になっている流れを汲み取って、我々もアイコンの形丸にしようか!自分で加工して丸にしてる人もいるし!!!

 

まぁ、大まかにこんなような意図で変更したのでしょう。

 

そこに、画像の大きさどうの解像度どうのアイコンで伝えられる情報量がどうの〜と茶々付けるユーザーはとても多かったのですが、

 

 

私が気になったのはそこではないんです。

 

ある一部のユーザーのある行動に対しては??????となってしまったんです。

 

 

 

 

それは、

 

わざわざアイコンが正方形に表示されるように元画像を加工する人でした。

 

どういうことかことわかります??

 

アイコン丸くなるのが嫌で正方形になるようにわざわざ加工してるんですよ。

 

 

 

しかもそうゆうことしてるユーザーはだいたい、

アイコン表示が正方形だった時代にわざわざ丸アイコンしてた人たちなんですよ!!!!!

ほとんど!!!!!!!!

 

 

なにそれ!!!!

 

意味がわからない!!!!!!

 

 

ただのあまのじゃくやないかい!

 

そんなに人と一緒は嫌かい!??!??!?!

 

自分で画像作って丸にしてた人が多かったから、

Twitter公式も丸にしたんじゃないんかい!!!

 

それをわざわざ正方形に戻すんかい!!!

 

意味がわからない!!!!!!!!!

 

なんなんだい!!!!!

 

 

 

 

 

 

 

そんなことを思う今日この頃でした。

本日は以上となります。

あまり上手くない文章で申し訳ないです。

 

 

この記事を読んで

共感したらいいね👍👍👍

よく見るとブサイクな子とよく見たらかわいい子

 

 

どうやら私は記事書きたい時期と書けない時期があるみたいで、

 

ぼやきたいことがある時は一気にばーーーっとかけるんですが、

 

特に社会に対してなんの不満とかぼやきとかがないと、はてなブログのアプリを開いても

アナリティクスくらいしか見ずにはてなのアプリを閉じてしまうようです。

 

まるで生理周期のようですね。

 

 

 

どうもみなさんお久しぶりですOh!No!です。

 

 

書きたい、書けない事情は置いておいて、普通に人生頑張って生きていたら6月も折り返し時点になってました。やばめ。

 

今日はぼやきとか不満とかではないです。

完全に私の好みのお話をします。

 

 

 

◾︎ 人はある時、ある瞬間、気がついてしまう

 

6月にもなると新一年生(特に大学生)はなんだか芋からマッシュポテトくらいに料理されたかのごとく、

派手になってきて、髪の毛赤に染めだしたりとか、金髪になってたりとか、授業を平気で遅刻したりとか、

色々新しくなった生活環境に自分なりに適応しています。

 

 

そこで後輩やら同級生やらを観察しているとあることに気がついてしまうんです。

 

  • よく見るとブサイクな子
  • よく見たらかわいい子

 

 

前者はあまり気がつかないほうが良かったものかもしれないし、

後者は気づけて良かったのかもしれないものかもしれませんね。

 

まあ私が人の容姿云々言えた立場ではないことは承知の上なのですが、

 

なんで、初めから気づけないものなんでしょうね。こういうの。

 

前に言葉使い論 - AHO NO BOYAKIで私は人は見た目が6割くらいで言葉遣いは4割で、少ならかず言葉遣いが人の印象を左右しているっと語ったことがありますが、これもやはり言葉遣い的な話に繋がってくるのでしょうかね。

 

 

考察してみましょうか。

  

 

 

◾︎ よく見るとブサイクな子

 

 

私こういう子は実はすごい好きです。

 

ブサイクだから好きというわけではありませんよもちろん。

 

よく見ないとブサイクだとわからないレベルまで自分なりに自分を演出することができてるから好きです。

 

彼女たちは研究して勉強してるのです。

いかに自分たちを綺麗に演出して、人様からいかに良い印象で自分を見てもらえるのか。

 

要は努力してるってことです。

少しでも容姿に自信が持てるように。

 

仮初めの姿であっても、この努力は賞賛するべきものです。

 

そして、自信が少しでも持てると人って明るくなれるものですよね。
みんなブサイクでも明るくて笑顔が本当に素敵。


だからよく見ないとブサイクだと気づけなかったんだと思います。

 

 

なので、私はよく見るとブサイクな子たちはとても好きです。

 

 

 

◾︎ よく見たら可愛い子

 

 

さあ、来ました。

 

よく見たらブサイクな子の方が私は好きだと先ほどまで述べてまいりましたが、

 

これはよく見たら可愛い子が嫌い、というわけではもちろんありません。

 

でもこれだけはハッキリと言えます。

 

私が生きてるなかで出会ってきた、

よく見たら可愛い子って

総じてインキャが多いんですよね。

 

これ悪口じゃないからですね。勘違いしないでくださいね。

 

 

よく見ると可愛い子って圧倒的に腐女子だった、もしくは二次元オタクだった率が高いんです。

 

(腐女子、二次元オタクが全員ブサイクと言ってるわけではありません。腐女子、二次元オタクでもとても美人で明るいひとも可愛いくて素直な人もいることを私は知っています)

 


腐女子、もしくは二次元オタクの人ってそれ特有の喋り方があると思うんです。

 

例えば、2ちゃんねる用語やニコニコ動画用語を日常会話に織り交ぜて使用したり、えらいおしを語る時早口で滑舌良くなったり、、

 

私もかつ、腐女子で二次元オタクだった経験があるため、わかるんですよね。あ、この子そっち系だって。

 

 

よく見たら可愛い子は

そっち系だった確率がすごい高かったんです。

 

そしてそっち系のよく見たら可愛い子は

あまり自分の服とかメイクとかにあまり興味がない印象があります。

 

私服全部黒とか、オールデイズ・オールナイトすっぴんとか、髪の毛の手入れができてないとか、、、

 

 

そりゃあ、言い方悪いですけど

ぱっと見ブサイクに見えても仕方ないですよね。

 

好きなものに熱中しすぎて気づけてないのかもしれないですね。

自分が実は可愛いことに。

非常にもったいないことですよ、これは。

 

 

 

◾︎ 本日の総括

 

 

考えてみてください。

 

もしも橋本環奈が、

橋本環奈というフィルターがない状態で考えたとき、

 

 

髪の毛ボサボサで、

清潔感もなく、

すっぴんで、

服もだっさーーい感じで、

声も低く、

ぼそぼそ喋る、女の子だったら。

 

 

ぱっと見可愛く見えますか!!?!!?

 

お友達になりたいですか!!!?!!?!!?

 

彼女にしたいですか!!!!?!??!?

 

 

つまりそういうことですよ。

 

 

人は見た目が6割の5割くらいは服装や髪型などを含めたぱっと見の印象です。

 

後の1割弱はよく顔を見たときの印象ですよ。

 

 

女子に限らず男子もですが、

印象良い越したことはないと思ってます私は。

 

そこから得るものは多いはずですよ。

 

ただでさえ生きにくい世界を、さらに生きにくくする必要はありません。

 

ブサイクでもいい、明るく生きましょう。

可愛い子は、もっと自分に自信を持って、明るく生きましょう。

 

 

 

 

PEACE✌️

ノスタルジック・ライフのすゝめ

 

 

ノスタルジックって言葉。

 

 

最近よく目にしますが、私この言葉が結構好きなんです。

結構流行り物には噛み付くタイプの私ですが、この言葉は気に入ってます。

 

 

なぜなら私はノスタルジック至上主義者だから。

 

 

今日は珍しくボヤキではなく語りです。

ノスタルジックの良さをみなさまに語ります。

 

 

 

◾︎ そもそもノスタルジックとは

 

遠い懐かしさを感じさせる、得がたいもの、失われたものなどに対して、心惹かれ、思いを馳せ、憧れや恋しさを抱くさまなどを意味する語。

 

要は過去を思い、懐かしさを感じること、ものをノスタルジックだなというわけですね。

 

例えば、駄菓子屋。

 

f:id:aoaokiraxtu1118:20170531220421j:image

(写真はイメージです) 

 

最近本当に減ってしまいましたよね。

 

そんな駄菓子屋をふと知らない街で見つけると、とても懐かしく思いませんか?

そしてなんだかあの頃を恋しく思ったりしませんか?

 

そんな瞬間、まさしくノスタルジックを感じているわけです。

 

 

◾︎ なぜ私がノスタルジック至上主義者なのか

 

 

インターネットや電子機器が発展している近年。

人間は手間を省くことを覚えてしまいました。

これはもちろん悪い意味ではありません。

 

しかし私は世の中は便利になりすぎているなあとしばしば思うことが増えました。

 

私が生まれた時はもうすでにだいぶ便利な世界だったと思いますが、それ以上に便利になって来ていますよね。21世紀。

 

 

送る手間を省くため、人はメールを発明しました。

そんなメールでさえ、送るのが面倒だからと行ってラインなどのSNSが多く利用されています。

 

切符を買う手間を省くため、人はSuicaPASMOを発明しました。

今や、チャージもオートでできてしまう時代です。

 

本を持ち歩く手間を省くため、Kindleやらなにやらを発売しました。

 

鍵だって、カードキーでなんとかなってしまうし、

接客すらロボットがやってしまう時代です。

 

もちろん、最高にクールで技術者さんたちが様々な研究を重ねていった賜物です。

私も実際スマフォもSuicaもカードキーも使ってるし、ペッパーくん見るとテンション上がりますよ。

 

 

しかしそれでも、私はそんな便利すぎる世の中に少し違和感を覚えていて、これからもっと便利になるであろう世の中に不安や恐怖感すら覚えています。

 

 

なので私はノスタルジック至上主義というよりコンテンポラリー恐怖症なだけかもしれないですね。

(コンテンポラリーアートについてはまた別ですが)

 

とにかく、私は今私たちが省いている"手間"にとても愛着を持っていて、これからも大切にしていきたいです。

そしてこの"手間"にわたしはノスタルジックを感じているのです。

 

なのでわたしはノスタルジック至上主義。

手間をかけることが最高に楽しくて必要なことだと思ってます。

 

 

◾︎ 私のノスタルジック・ライフ

 

ノスタルジック至上主義は結構。

でも結局、実際にあなたは何か行動を起こしているのか。

 

そう思う方も少なくないと思います。

 

実際に私がやっている、ノスタルジックを忘れないための、ノスタルジック・ライフをご紹介します。

 

⚫︎ スマフォを含む電子機器を持たないで友達遊びに行く。

 

これは友達も巻き込んじゃってますが、あらかじめどこの駅のこの場所に待ち合わせとか、雑誌などを持参して町を探検したりしてます。

もちろんスマフォはなしです。

カメラだってフィルムを使います。

切符も買って電車に乗ります。

 

これ結構楽しいんですよ。

いかに今の世の中が便利すぎるのか、肌で感じることのできます。

 

そして、ケータイとか持ってなかったあの頃の感覚を思い出して、とっても懐かしくなりますよ。

 

 

⚫︎ あえて鈍行でおばあちゃんの家まで行く

 

これもなかなか面白いですよ。

6時間くらいかけて田舎のおばあちゃんの家まで行くんです。

普通に新幹線なら2時間もかからず行けてしまうのですけど、

あえてオール鈍行でゆったりまったりと行くんです。

 

田舎の電車なので、ひと昔前の車両とかに乗れたりしてノスタルジックを感じられますよ。

 

 

どこかに行く系ばかりになってしまいましたが、ノスタルジックを今の生活に感じたい人にはぴったりの方法だと思います。

 

 

◾︎ ノスタルジック・ライフのすヽめ

 

 

ノスタルジックを感じると、

人間の進化と発展を感じます。

 

これは私はとてもいいことだと思っています。

歴史を肌で感じられるということになると思っているので、今の生活のありがたみを再認識することができます。

 

そして過去を振り返り

それを懐かしく思える感情はとても大事で、自分たちが生きていきた年月を思い出させてくれます。

 

過去を振り返ることによって、得られるものも多いです。

 

昔はこうだったのかという勉強にもなります。

 

 

そして、突き進みすぎて張り詰めてしまった心を少しだけ、緩めることができます。

 

私はノスタルジックを感じることができて結構助かってたりするんですよ。

 

 

一回騙されたと思ってノスタルジックを、意識して感じてみてください。

 

便利さとは違う意味で、あなたの助けになるかもしれませんよ。